旅行に行っても太らない方法

StartFragment

先日実家に帰ってふと 前は実家に帰ったり旅行に行くたびに、

太ったかもとか

体が重いなーと食べてすぐ身になることを実感していましたが、

もうそんなことがなくなったなということに気づきました。 旅行って楽しいし

何度でも行きたくなりますが、

食べ過ぎたり、実家だと動かなかったりで

どうしても太ってしまいますよね。

もとの生活に戻っても

なぜか太ったまま戻らない

そして、

旅行から帰ったら食べ過ぎた分を取り戻すべく

食べることを我慢するという経験をされている方は多いのではないでしょうか? 現地の美味しいものを食べない訳にも行かないし、

実家でのんびりしないわけにも行かない。 出発する何日か前からちょっとがまんして

帰ってきたらまた我慢して・・・ せっかく楽しんでも

前後は我慢というのもなんだか切ないですよね。 でも、

旅行に行っても、実家に行っても

ちょっとしたことに気を付けたり意識することで

太りにくくなるんですよ! ということで

いつでもどこでも簡単にできる

太りにくい7つの習慣をまとめてみました。 1、食べる順番に気を付ける

野菜から食べるといいというのは聞いたことがあると思いますが 野菜から食べると糖の吸収が緩やかになるので 太りにくくなります。 お酒を飲むときも、サラダなどの野菜を食べてから飲むのがおすすめです。

2、ゆっくり食べる 普段は難しい事なのですが、お休みの時は時間をかけてゆっくり食べてください。 ゆっくり食べるとよく噛むので、消化しやすくなります。 3、食べるものを選ぶ 鮮度がいいものは栄養もたくさん入っています。 栄養不足はデブの元!! なんですよ! 栄養ないものは老廃物になりやすいので、太りやすくなります。 その土地のものを食べると鮮度もパワーも補えるので、 できるだけそこでとれた旬のものを食べてください。 4、スイーツなどちょっと太りそう!と思うものは3時までに食べる 消化の働きがピークになるのが午後3時です。 それまでに食べ終えましょう。

5、早寝を心がける ついつい夜更かししたくなりますが、旅行の時は普段と違うことをしてみましょう! 早く寝ると体のリズムが整うため、代謝が上がります。 寝不足続きだと吹き出物が出たり便秘になるのは代謝が落ちるからです。 目安は12時前です。 6、後悔しない 美味しいものがたくさんあると食べすぎてしまいますが、 「おいしかったー」と思っているのと 「また太る」と思うのでは、圧倒的に「また太る」の方が本当に太ります。 後悔したり罪悪感があると 太りやすいストレスホルモン(コルチゾール)が出て体に脂肪を溜めやすくなるんです。 食べたら、おいしいものをたくさん食べれて幸せ!という気持ちを味わってください。

7、不安になったら やっぱり不安、というときは朝に大盛りサラダか、スムージーとってください。 食物繊維と水分で腸のお掃除をしましょう。 食べたら使って出す!です。

どれも普段の生活でできそうな事ばかりですが

ゆっくり食べるとか

早く寝るとか

毎日となると意外と難しいですよね。 旅行に行ったときは

いつもと違うことをしたい!!

という気持ちになっているし

自由な時間もあるので

取り組みやすくなると思います。 一日に一つずつからトライしてみてくださいね!

EndFragment

最新記事
アーカイブ