太る食べ物でも太らない食べ方

昨日は久しぶりにいい天気でしたね。

久しぶりに太陽の光に当り

気持ちいいなー

って実感しました。

日照時間が少なくなると

気持ちが滅入る

なんて言いますが

本当にそうですよね。

これって

誰でも雨より

晴れてる方が過ごしやすいから

というだけでなく

メラトニンという

体内時計を整えるホルモンと

幸せを感じたときに出る

セロトニンというホルモンが

光に当たることで

バランスを保っているからなんです。

9月に入ってから

一日中晴れてる日って、

あまりなかったですよね。

こういうときって

ホルモンのバランスを整えるために

体は試行錯誤して

何とか正常に戻そうとします。

食欲が出たり、

逆に食欲が無くなったり

眠くて仕方ないと思ってたら

急に眠れなくなったり…

こうなると不安になりますよね。

だから、

こうならないための対策をしっかりして

やせやすいサイクルを作りましょう!

その対策は

とにかく体を温めることです。

冷えてる感覚はないかもしれませんが

夏に体を冷しているので

そのケアがとても重要なんです。

日照時間は変えられませんが

体を温めることはできそうですよね?

体を温めるには

内側から温めるのが手っ取り早い!

温める食材や

温かいものを積極的に摂ってください。

ですが、

そう言われても

温かいものって

手軽に食べるとしたら

麺類が多いし、

麺類って太るでしょ?

小麦粉だし、糖質だし、グルテンだし。

不安要素たっぷりですよね?

でも大丈夫!

しいたけやえのき、ワカメなど

食物繊維の多いもの

卵などのタンパク質を

一緒にとることで

同じ食べ物でも

太りにくくする事って出来るんです。

寒くなると食べたくなる

味噌煮込みうどん

このどんぶり一杯のなかでも

食物繊維の多い野菜

   ↓

タンパク質の卵

   ↓

糖質のうどんなどの麺類

という順番で食べることでも

全然違うんです。

そんな地味なことで

やせるわけないでしょ!

って思ったとしたら

ちょっと考えてみてください。

これを毎日毎食意識して迎える1年後と

毎日毎食、無意識に過ごした1年後。

全く違う1年間ですよね。

自分の体を考えて過ごす

一杯のうどんでも

やせやすくなる習慣は

身に付けられるんですよ!

自分ではどうにもできない条件が

揃ってしまうと

自信をなくしたり

諦めてしまいたくなるかもしれません。

でも、どんなことも

必ず対策はあります。

できない状況は

乗り越えられない壁に思えてしまいますが

高い壁こそ

地味に

ゆっくり

自分のペースで登れば

気がついたとき

思ってる以上の成果が出るものなんです。

※来月のスムージーダイエット教室

10月31日(水)開催いたします。

内容はもう少しお待ちください☺

最新記事
アーカイブ