体重を基準にすると太りやすくなります!!

ダイエットを始めたら

体重って量り始めますよね。

どれだけ減ったかが分かれば

モチベーションにもなるし

目標へのカウントダウンもできる。

でも

体重を基準にしてしまうと

太りやすくなってしまうんです。

体重を減らすなら

多く摂ってるものを少なくする

と考えてしまいますよね。

特に糖質は減らせばやせる。

そんなイメージが強いため

ダイエットをするとき

まだまだ多いのが

ご飯(米)を食べないこと。

朝も食べず、

お昼に少しご飯(米)を食べて

夜はおかずだけで

何とかキープする。

すごく手軽にできるので

この方法を取り入れてる方は多いのですが

これがまさに

太りやすい体を作っているんです。

ご飯(米)を食べずダイエットすると

エネルギー不足になって

代わりに

筋肉中のタンパク質を

エネルギーとして使うので

筋肉が落ちやすくなるんです。

筋肉が落ちたら

代謝が落ちるので

太りやすくなってしまいますよね。

ご飯を抜くと

簡単に体重は減るのですが

体重が落ちるのが早ければ早いほど

落ちてるのは脂肪ではなく

筋肉が落ちてる可能性大です。

筋肉は脂肪より重いので

体重計で量ると

筋肉が減った方が数字に出やすいんです。

見た目でも更けた感じになったり

疲れやすくなったら

筋肉が落ちて

代謝が落ちてるサインです。

ご飯は太ると

いつの間にか定着してしまっていますが、

ちゃんと食べれば太りません。

逆に

ちゃんと糖質も摂らないと

どんどん太りやすい体に変わってしまうので、

きちんと摂って下さいね!

【太りにくいご飯の食べ方】

糖質は一気に体に入れてしまうと

体の中で脂肪に変わりやすく

溜まりやすいため

太りやすくなります。

なので、

ゆっくりゆっくり体に入れましょう!

ご飯を食べるとき、

お米、麺類などの炭水化物(糖質)は

サラダなどの野菜を食べてから

摂るようにすると

ゆっくり吸収されるため

エネルギーとして使いやすくなって

太りにくくなります。

サラダや野菜の後にご飯!

です。

これだけで?

と思うかもしれませんが、

これだけでご飯を食べても太りにくくなるし

さらに筋肉は落ちにくくなるので

ぜひ実践してみてくださいね!

―無料メール講座―

カウンセリングの基礎が分かる

愛されるセラピストが持っている

7つのエッセンス

登録はこちらをクリック!!↓

スムージーレシピ集はこちらから↓

楽してやせる!

【スムージーダイエット教室】

2018年8月14日(火)

詳細はこちらから

やせる近道を知りたい人の

【 体質別ダイエット講座】

2018年8月18日土曜日

詳細はこちら

一般社団法人日本ダイエットカウンセラー協会

【ダイエットカウンセラー資格講座】

2018年7月31日火曜日

詳細はこちら

最新記事
アーカイブ