やせられないのは、ほんとうにあの人のせい?

ストレスが多かったり

ストレスのたまる環境だったりすると

食べることで

ストレス発散して

何とか心の状態を保ち

それを繰り返すことで

太ってしまった…

なんてこと、ありますよね。

同じ環境にいても

同じストレスを与えられても

感じかたはそれぞれなので、

ストレスに強い人

ストレスに弱い人がいます。

特に人間関係でストレスを感じやすい方は

【この人が私のストレス源だ!】

と思うこともある。

というか

これって

誰だって思い当たることですよね。

そのストレスに耐えられず

たくさん食べてしまって

どんどん太ってしまったり

ダイエットしてるのに

やせられない

そういう経験をされた方も

多くいらっしゃるとも思います。

私もそんなときありました。

そういうときって

その人のせいで食べちゃうんですよね。

あの人があんなこと言わなければ

こんな気持ちにならないのに

あの人がもう少し人の気持ちを考えてくれればいいのに

あの人さえいなければ…

そんな風に思いながら

食べたい物を食べたいだけ食べる。

それが唯一のストレス発散。

でも、

ちょっと考えてみてほしいんです。

食べたい物を食べたいだけ食べることで

本当にストレス発散できてますか?

食べ終わっても

まだ、同じこと考えてませんか?

好きなものを

食べたいだけ食べたのに

満足感より罪悪感の方が

強く残ってませんか?

もしそうなら

ストレス発散しているつもりが

ストレスが増加してしまってますよね。

ストレス発散してるはずなのに

それどころか

罪悪感まで付いてきてしまってる。

こういう心の状態では

何を食べても

代謝もデトックスもできず

どんどん太ってしまいますよね。

こんな風にストレスで食べてしまうときに

負のスパイラルにはまらない方法は

イライラしたまま食べない事

あの人のせいで

イライラするから食べる

これって…

食べることへ言い訳をしてる行動。

食べる事を人のせいにしてるんです。

それだと

ダイエットしても上手く行かない時、

あくまであの人のせいになってしまいますよね。

他人軸だと

ダイエットは上手く進まないんです。

なので、

自分軸に考えを変えて

イライラを解消してから

美味しいものを食べれるように

考えてみましょう!

あの人のせい

→ストレスに耐えた自分を誉めてあげよう!

イライラするから食べて発散

→頑張った自分へのご褒美!

ストレスで疲れた体を回復させる物を食べてみよう!

またストレスで食べちゃった、ダメな私

→食べて元気が出た!

明日はとことんデトックスできるものを食べよう!

ストレスで食欲が出るのは

自律神経のバランスを保つためなので

心が弱いから食べてしまう訳ではなく

体の自然現象のようなもの。

でも、

それを誰かのせいにしていたら

体の問題は解決せず

体を壊してしまいます。

だから、

ストレスで食べてしまうときは

自分軸で物事を考えてみて

心の状態が落ち着いてから

美味しいものを

ゆっくり楽しみながら食べてくださいね。

楽してやせる!

【スムージーダイエット教室】

2018年9月19日(水)

詳細はこちらから

最新記事
アーカイブ